top of page

クラスB滅菌器について

こんにちは。

札幌市西区八軒の歯科医院『八軒みらい歯科』の院長 直江です。


今まで、歯科医院での病原菌の感染について心配になったことはありませんか?

新型コロナウイルスやインフルエンザの影響で、感染を恐れて歯科医院に行くことをためらっている方もいらっしゃるかもしれません。


今回は皆さんに安心して通院していただくために、歯科医院での感染対策についてお話ししたいと思います。

歯科治療では、安心・安全な治療のためにも治療器具の滅菌レベルを高めるということは非常に大切になります。

当院は感染対策として、クラスB滅菌器を用いて患者様ごとに器具の滅菌・パッキングを行っております。



▍「滅菌」について

滅菌とは、文字通り菌を滅ぼすということで、全ての菌を殺滅または除去し、限りなくゼロにすることを指します。

限りなくゼロというのは、菌が生き残る確率が100万分の1以下になるということです。

なお、滅菌は菌と書いていますが、細菌だけでなくウィルスも滅ぼします。




滅菌と似た言葉の「殺菌・消毒」についても違いを説明いたします。


殺菌は、菌を殺すことです。

殺菌はすべての菌を殺さなくても、菌の数が減れば使用できます。

なお、殺菌は医薬品・医薬部外品のみ表示が可能です。


消毒は、細菌やウイルスを減らしたり、無毒化させることです。細菌やウイルスを全てなくすわけではありません。


▍滅菌器にはクラスがある


滅菌器には性能によって【クラスN】【クラスS】【クラスB】の3種類のクラスがあります。

それぞれの特徴について説明いたします。


【クラスN滅菌器】

日本の歯科医で一般的に使用されている滅菌器です。

未包装の固形器具を滅菌します。滅菌後は保管せず、使用しなければいけません。


【クラスS滅菌器】

クラスNよりもより細かい部分までしっかりと滅菌することができます。

滅菌できるものの種類に限度はありますが、複雑な器具の滅菌を行えます。


【クラスB滅菌器】

あらゆる種類・形状のものを滅菌できる最高クラスの滅菌器です。

滅菌や乾燥の前に真空状態を作り出すことで、器具の外側だけでなく内側も隅々まで蒸気を行き渡らせ滅菌します。





▍歯科医院で「クラスB滅菌器」を使用するメリット


歯科治療では抜歯や切開など、外科的な治療が多く行われています。

治療器具に唾液や血液が付着すると、細菌やウイルスの感染の原因になります。

感染対策のため、使い捨てできない器具はしっかりと滅菌をすることが重要です。

歯科治療で使用する機材には複雑な形状のものも多いため、滅菌レベルを高める必要があります。


【クラスB滅菌器】は世界で最も厳しい基準とされるヨーロッパ規格に準拠した滅菌器で、

固形、多孔体、中空、非包装、包装など全ての形状のものを滅菌します。

新型コロナウイルスの感染対策としても、クラスB滅菌器は最も優れています。




▍八軒みらい歯科では、クラスB滅菌器を使って感染対策を行なっています。


クラスB滅菌器は日本の歯科医院でわずか数%の普及率で、ほとんど導入していません。

八軒みらい歯科は「か強診(かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所)」の基準を満たしています。

(か強診については、過去のブログをご参照ください。https://00m.in/vSaRe


「か強診」では感染対策など衛生面の基準も厳しく定められています。

八軒みらい歯科では「クラスB滅菌器」を使用し万全な感染対策を行なっていますので、安心してご来院ください!


八軒みらい歯科では、小児歯科、歯周病予防、歯周病治療、むし歯治療、入れ歯、審美歯科、ホワイトニング、矯正歯科(ワイヤー矯正、マウスピース矯正)など、様々な歯科疾患の予防、治療に力を入れています。


また、インスタグラムでもお口に関する情報発信をおこなっていますので、ぜひいいね、フォローを宜しくお願いいたします!


札幌市西区八軒、西区琴似エリアで歯医者選びに困ったらぜひ『八軒みらい歯科』まで!

お電話でご予約を承っております。

011-633-3939

────────────────────────────

八軒みらい歯科

札幌市西区八軒5条西1丁目1-57 Collab八軒2F

Comments


bottom of page