top of page

7月25日は知覚過敏の日

こんにちは。

札幌市西区八軒にて歯科医院を運営している『八軒みらい歯科』院長の直江です。


皆さん、実は7月25日は「知覚過敏の日」なのですが、ご存知でしたか?


もともとこの日は「かき氷の日」でして、冷たいものは歯にしみることから、知覚過敏用歯磨剤「シュミテクト」の製造販売をするグラクソ・スミスクライン株式会社が制定したとのことです。


知覚過敏は、虫歯でない場合に冷たいものや歯ブラシの毛先などの刺激で歯がしみたり、痛みを感じたりすることがあります。


▍知覚過敏の原因


歯がしみる、歯が痛む主な原因のひとつは、歯のエナメル質の減少です。

エナメル質は歯を保護する役割を果たしており、それがすり減ったり、酸性食品の摂取によって薄くなることがあるのです。

また、歯周病、歯肉(歯茎)の退縮、歯の破折、過度に力を入れたブラッシングなども知覚過敏の原因となることがあります。




▍知覚過敏の治療方法


知覚過敏の治療には様々あり、代表的なものには

・薬剤塗布

・表面のコーティング

・レーザー照射

などがあります。

薬剤塗布や表面のコーティングは一般的ですが、当院ではレーザーによる治療も可能です。

知覚過敏の部位にレーザー照射することで、歯の表面に薄い膜をつくり、神経を保護することが期待されます。



▍知覚過敏の予防方法


知覚過敏の予防には、ご自身で行う適切なブラッシングやデンタルフロスを用いたセルフケア、そして歯科医院で定期的に行うプロケア、ブラッシング指導によって、歯周病、むし歯予防をし健康的な口内環境を維持していくことが有効です。




八軒みらい歯科では、歯周病をはじめ様々な歯科疾患の予防に力を入れています。

歯がしみる、痛いなど、お口の中に不快感がありましたらお早めにご相談下さい。


札幌市西区八軒、琴似エリアで歯医者選びに困ったらぜひ『八軒みらい歯科』まで!

お電話でご予約承っております。

 

八軒みらい歯科

札幌市西区八軒5条西1丁目1-57 Collab八軒2F


Kommentare


bottom of page